クレジットカード現金化は違法なのか?カード規約違反している?

クレジットカードでショッピング枠の残額を現金化することは、特段法律を犯すわけでもなく、また違法行為では決してないとお分かりいただけたと思います。

普段、ショッピングをしたときに特典でついてくるキャッシュバックなどのキャンペーン感覚のシステムということなので、信頼して申込みができるとはいえ、利用するほうからするとそうであっても、クレジットカードの発行会社のカード規約の面ではどうなのでしょうか。あまり規約など普段は気にする方は少ないのではないかと思います。

クレジットカードを使う側では、クレジットカード発行会社の規約どおりに利用する必要があります。クレジットカード現金化はクレジットカード発行会社の規約に違反していないかどうかは、違反していませんのでご安心ください。

通常どおり、買い物やサービスを受けるときに決済のために使用するのは何らおかしくはないですよね。クレジットカードで洋服を購入したりするのと同様に、クレジットカードを使って、現金化業者の指定する商品を購入します。

クレジットカードで指定の品物を購入し、のちにキャッシュバック特典を受けるというフローなので、普段、日常で洋服を選んでクレジットカードで買うことと同じ行為をしているだけです。

カード規約に違反する点は何もありませんから、その点に関しては心配することは何らありません。クレジットカード発行会社の決めている規約に違反もせず、不法なことをしているわけでも、法律にも反しないわけですから、クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、信頼して利用できる金融手法のひとつで、安全なものなのです。未経験の人、規約に違反しないかと気にしていた人でも、これで安心できることと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です